ポケットWiFi|WIMAXの「ギガ放題プラン」にしたら…。

Y!mobile(Yモバイル)であるとかdocomoだと、3日間で1GBという容量を超過すると、しばらくの間通信制限が掛かることになりますが、WiMAX(ノーリミットモード)の場合は、そのような制限はありませんからご安心ください。

WiMAX2+のギガ放題プランを契約すれば、月毎に7GBというデータ使用量制限はありませんが、3日間で3GBを超過するようなことがあると、通信制限に見舞われてしまうということを覚えておきましょう。

 

WiMAX2+の拡販キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを謳っているプロバイダーが何社か見られますが、キャッシュバックキャンペーンをやるだけの体力のないプロバイダーもありますから、注意するようにしましょう。
「モバイルWiFiを契約するにあたり、高速&無制限モバイル通信で名の通っているWiMAX2+(ギガ放題)とY!mobile(ソフトバンク)提供のポケットWiFiのどっちにすべきか考え込んでしまっている。」と言われる方を対象に、両者を比較して一覧にしました。

 

Y!mobile(ソフトバンク)のポケットWiFiを今回初めて利用してみましたが、これまで所有していた大体一緒のサービス内容の同業他社のものと比べても、通信品質などの面は全然変わりがないと実感することができました。

こちらのホームページでは、自分自身に適したモバイルルーターを選択してもらえるように、プロバイダー一社一社の速度とか月額料金などを確認して、ランキング形式にてご案内しております。

モバイルWiFiの一ヶ月の料金は2000円台〜4000円台ですが、プロバイダーの中にはキャッシュバックをセールスポイントにしているところが幾つかあります。この返金額をトータルの支払い額から引けば、実質支払額が算出されます。

「WiMAX又はWiMAX2+を購入するつもりだ」と言われる方にアドバイスしたいのは、徹底的にプロバイダーを比較するということをしませんと、少なくとも2万円ほどは損する羽目に陥りますよということです。

 

WiMAX2+と申しますのは、2013年にリリースされたサービスなのです。それまでのWiMAXと比較してみましても、通信速度などが格段に進展し、著名なプロバイダーが一歩先行くWiMAXとして、一生懸命販売しております。

現在の4Gというのは本来あるべき形の4Gの規格を満たしているわけではなく、日本におきましては今のところ市場投入されていないモバイル通信サービスなのです。その4Gの正式なマーケット投入までの臨時的な手段としてスタートしたのがLTEというわけです。

WiMAXと言いますと、もちろんキャッシュバックキャンペーンが人気を博しますが、ここ数年は月額料金を抑制できるキャンペーンも高い評価を受けています。
大概のプロバイダーが、電子メールで「キャッシュバックの振込準備完了しました。」といったアナウンスをしてきます。買った日からだいぶ経ってからのメールですので、気付かないことも少なくないようです。
Y!mobile(ソフトバンク)と言いますのは、ドコモなどと一緒で自社にてWiFi用回線を保有し、独自の戦略でサービスを市場に提供する移動体通信事業者(Mobile Network Operator)で、SIMカードのみの小売りも行なっています。

 

「月額料金」・「通信制限の有無」・「データ通信容量」・「サービス対応エリア」という4つの項目で比較してみた結果、誰がチョイスしたとしても納得してしまうモバイルWiFiルーターは、たったの1機種だけというのが実情でした。
WIMAXの「ギガ放題プラン」にしたら、1ヶ月のデータ通信量には上限が設定されていませんし、キャッシュバックキャンペーンを有効活用すれば、月額料金も3千円〜4千円の間に切り詰めることも可能ですから、最も推奨できるプランだと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です